学会紹介

名称 日本アンドロロジー学会(Japan Society of Andrology)(昭和57年6月17日設立)
沿革 本学会は、アンドロロジー(男性学、雄性学)に関する研究者交流の目的のため、学術集会の開催、学術誌の発行および社会活動などの事業を行うために創立されました。
本学会の沿革は昭和49年12月18日に埼玉医科大学泌尿器科落合京一郎教授を発起人として東京都文京区湯島会館においてアンドロロジー研究会が設立されたことに始まります。その後、毎年研究会が開催され、昭和57年6月より正式に日本アンドロロジー学会と発展的に名称変更を行い現在に至っています。
参加者は男性学・雄性学に関係する基礎分野(生物学、生化学、獣医学、薬学など)から臨床分野(泌尿器科、産婦人科、内科など)まで領域を問わず幅広く、まさに学際的に活発な学術活動が行われています。とくに最近の少子高齢化社会において、生殖医療の進歩や男性更年期障害の問題など、男性を取り巻く社会的環境の変化により、本学会の様々な活動の重要性が高まってきています。
会員数 正会員517名 名誉会員64名 外国人名誉5名 (2017年7月現在)
理事長 市川 智彦
参加領域 領域1 生物学、生理学、薬理学
領域2 薬学、生化学
領域3 解剖学、病理学
領域4 獣医学、畜産学
領域5 内科学、小児科学、皮膚科学、神経精神学
領域6 産婦人科学
領域7 泌尿器科学
学術集会 1年に1回、開催(別表)
学術誌 Reproductive Medicine and Biology(Blackwell)
関連学会 国際アンドロロジー学会、米国アンドロロジー学会、アジアアンドロロジー学会
前身 アンドロロジー研究会(昭和49年12月18日設立)

 

         
日本アンドロロジー学会総会
主 催
会 長
開催年
開催地
1 埼玉医科大学泌尿器科 落合京一郎 1982 東京都
2 神戸大学医学部泌尿器科 石神襄次 1983 神戸市
3 横浜市立大学医学部泌尿器科 大島博幸 1984 横浜市
4 千葉大学医学部泌尿器科 島崎 淳 1985 千葉市
5 京都大学農学部畜産科 入谷 明 1986 京都市
6 東邦大学医学部泌尿器科 白井將文 1987 東京都
7 東京大学医学部第3内科 大澤仲昭 1988 東京都
8 札幌医科大学泌尿器科 熊本悦明 1989 札幌市
9 東京大学教養学部生物学 毛利秀雄 1990 東京都
10 名古屋大学医学部泌尿器科 三宅弘治 1991 名古屋市
11 山口大学医学部泌尿器科 酒徳治三郎 1992 宇部市
12 早稲田大学教育学部生物学 石居 進 1993 東京都
13 大阪大学医学部泌尿器科 奥山明彦 1994 豊中市
14 昭和大学医学部泌尿器科 吉田英機 1995 東京都
15 川崎医科大学泌尿器科 田中啓幹 1996 倉敷市
16 横浜市立大学医学部泌尿器科 穂坂正彦 1997 横浜市
17 神戸大学農学部応用動物遺伝学 加藤征史郎 1998 神戸市
18 帝京大学医学部泌尿器科 梅田 隆 1999 東京都
19 千葉大学医学部泌尿器科 伊藤晴夫 2000 千葉市
20 獨協医科大学泌尿器科 吉田謙一郎 2001 宇都宮市
21 大阪医科大学第2病理学 森 浩志 2002 高槻市
22 広島大学医学部泌尿器科 碓井 亞 2003 広島市
23 山梨大学医学部産婦人科 星 和彦 2004 甲府市
24 聖マリアンナ医科大学 岩本晃明 2005 横浜市
25 金沢大学医学部泌尿器科 並木幹夫 2006 金沢市
26 千葉大学大学院医学研究院環境生命医学 森 千里 2007 千葉市
27 大阪医科大学泌尿器科学 勝岡洋治 2008 京都市
28 富山大学大学院医学薬学研究部 腎泌尿器科学講座 布施 秀樹 2009 富山市
29 日本獣医生命科学大学獣医学部 斎藤 徹 2010 東京都
30 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学 市川 智彦 2011 東京都
31 神戸大学大学院医学研究科外科系講座腎泌尿器科学分野 藤澤 正人 2012 神戸市
32 和歌山県立医科大学遺伝子制御学研究部 山田 源 2013 大阪市
33 獨協医科大学越谷病院泌尿器科 岡田 弘 2014 軽井沢町
34 福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科学講座 柳瀬 敏彦 2015 福岡市
35 群馬大学大学院医学系研究科泌尿器科学 鈴木 和浩 2016 前橋市
36 川崎医科大学泌尿器科学教室 永井 敦 2017 倉敷市
37 兵庫医科大学産婦人科学講座 柴原 浩章 2018 神戸市 
38 大阪大学大学院 医学系研究科 病理学 仲野 徹 2019 大阪市